2ヶ月で10kg痩せる!安達祐実のダイエット法(食生活・運動法)とは?

【公開日】2018年04月20日,【更新日】2018年04月20日

安達祐実さんとえば第二児を2016年に出産され11月に産後初の公の場に現れた時その細さに世間を騒がせました。産後たったの2ヶ月で12kgの減量に成功されています。第一子の産後も10㌔以上の減量に成功されているのです。

photo by instagram

この記事では安達さんがどのようにスタイル維持をされているか、ダイエット法(食生活やトレーニング法)をご紹介していきます。

スポンサーリンク

安達祐実の身長体重カップ数は?

安達祐実さん(@_yumi_adachi)がシェアした投稿


名前:安達 祐実
生年月日:1981年9月14日
出身地:1981年9月14日(36歳)
出生地 東京都台東区

身長:153㎝
体重:推定37㎏(公称されていません)
カップ数:推定Bカップ
スリーサイズ: 74-56-78㎝

安達祐実のダイエット法【食生活編】

ヨーグルトはR-1

安達祐実さん(@_yumi_adachi)がシェアした投稿

毎日食べているというのがヨーグルト!明治プロビオヨーグルトR-1を食べている姿がインスタグラムに投稿されています。乳酸菌を摂取されるようにされているみたいです。

体重を感覚で管理する

安達祐実さん(@_yumi_adachi)がシェアした投稿

体重計に乗らなくても、1キロくらいの変動は何となく分かるので、少し増えたな….と思ったらカロリーの低そうなものを多めに食べたり(ーー;)
高校生の頃、今より10キロくらい重くて、ジムに通ったり食事制限(ちゃんと、トレーナーの指導のもと)したりして、そしたら胃が小さくなったのか、少食に。今はチョコチョコ何度も食べます。

参考URL:安達祐実公式ブログ

感覚で何キロ太ったかわかるとは神業ですね。しかし妊娠中は12㎏増量してしまったといいます。体重管理に関してこれだけ体で覚えストイックに行われているからこそ産後も食事制限などされてかなり絞られたのでしょう。

常に腹7分目

安達祐実さん(@_yumi_adachi)がシェアした投稿

常に腹7分目くらいですかね。満腹になると集中力がなくなるし、お腹いっぱいの状態はあまり好きじゃないんです。たぶん、太っちゃいけないっていう気持ちが心の何処かにあるんだと思うんですけど。

参考URL:安達祐実公式ブログ

食べる量が少ないという安達さん。胃が小さいというので腹7分目といっても一般の方が7分目と感じる量よりも少ないのかもしれません。

また、少量の食事を何回も食べているようです。

好きな食べ物は?

安達祐実さん(@_yumi_adachi)がシェアした投稿

食事は野菜が大好き!だけどジャンクフードも大好き!お菓子も大好き!お肉も大好き!でも、何を食べるにしても、少ししか食べません(~_~;)これは、癖みたいなものですね。だから、沢山食べてくれる人が傍にいてくれると助かります。

参考URL:安達祐実公式ブログ

インスタグラムを見ていても、中華そば、インドカレー、焼きそばなど結構炭水化物も召し上がられています。カロリーが低いものは体重が増えたと感じた時に食べて普段は好きなものを食べられているようです。しかし腹7分目まで!

定期的にプチ断食

安達祐実さん(@_yumi_adachi)がシェアした投稿


食べ過ぎた時や太ったと感じた時は定期的にプチ断食をされているという情報があります。プチなので全く食べない断食とは異なります。やり方は

  1. 朝は食べない
  2. 昼以降ドレッシングをつけないで野菜だけを食べます(ハーブ入りの塩はOK)
  3. 1日の総摂取カロリーを380にする

このやり方はをみるとプチとはいえかなりきつい食事制限です。短期間のみで体の中を綺麗にするといった目的から行われるのはいいかもしれませんが、ダイエットとしては筋肉も作られませんしお肌があれる原因になりかねないのであまりお勧めできませんね。

スポンサーリンク

安達祐実のダイエット法【トレーニング編】

お風呂上りは何してる?

安達祐実さん(@_yumi_adachi)がシェアした投稿


毎日ストレッチと腹筋60×2を行っていると公式ブログでファンの方に回答されています。ストイックにダイエットをするのは苦手のようで、毎日の習慣から体を維持できるように努力されているようです。

まとめ

いかがでしたか。自身のブログ上ではダイエットはストイックに行っていないと回答されていますが普段の生活習慣がすでにストイックに行われていることを忘れて当たり前になってしまっているようです。17歳で水着の写真集を出した時に体型のことを言われて傷つきそれから体型を細身で維持し続ける姿は女優魂を感じます。

スポンサーリンク

関連記事