沢尻エリカのスタイル維持法(食生活や筋トレ)!身長体重カップ数は?

沢尻エリカさんといえば、父親が日本人で母親がアルジェリア系フランス人のハーフ。女優兼歌手として活動されています。代表作といえば『1リットルの涙』『タイヨウのうた』などのテレビドラマや、『パッチギ!』『手紙』などの映画が挙げられます。

photo by instagram

この記事では沢尻エリカさんのダイエット法(食事やトレーニング法)をご紹介していきます。

スポンサーリンク

沢尻エリカの身長体重カップ数は?

名前:沢尻 エリカ(さわじり エリカ)
生年月日:1986年4月8日
出生地:日本 東京都

身長:161cm
体重:過去には53kgあったという情報もあるが現在は推定40kg前半(公称されていません)(2018年7月時点)
カップ数:推定C~Dカップ(公称されていません)
スリーサイズ:推定83-58-86㎝(公称されていません)

沢尻エリカのダイエット法【食生活編】

1日1食ダイエット

激太りして体重が53㎏になったこともあった(一般的に考えるとそんなに太っている体重でもないが)沢尻さん。その頃は冷蔵庫の中がチョコレートで埋め尽くされていたこともあるといいます。

そして映画『 ヘルタースケルター』りりこ役を演じるにあたりかなり過酷なダイエットに挑みます。その方法が1日1食ダイエット。モデルプレスのインタビューで明かされていました。

沢尻エリカの女優魂が感じられたのは、彼女が絶世の美女・りりこになりきるために実践したという過酷なダイエット。撮影の二ヶ月間、朝食のみの「一日一食」を徹底していたというのだ。

参考URL::沢尻エリカの過酷ダイエット 美しいランジェリー姿の裏側 – モデルプレス

これはダイエットをしていたころの食事ですが、現在では太らなくなった美容健康法をモデルプレスのインタビューで明かされています。その内容とは?

野菜をバランスよく摂ること

普段の食事から野菜をバランスよく摂取すること。食事よりもどちらかというと体を動かして筋肉量を増やすことで太りにくくなったようですが、食事面ではバランスの摂れた食事を心がけられているようです。昔のようにチョコレートだらけの食事は辞めたのでしょう。

基本的な栄養の摂取や睡眠に加えて、とにかく保湿に気をつけています。寝る前の保湿パックは日課です。

沢尻:食事は野菜をバランスよく摂ること。

参考URL:<沢尻エリカインタビュー>「まず太ることがなくなりました」続ける美習慣とは?私生活での“海外移住”願望も明かす(2018/6/19)

ちなみに、1日に30品目摂ることを目標にされているという情報がありました。

スポンサーリンク

沢尻エリカのダイエット法【筋トレ編】

体幹トレーニングにヨガ

モデルプレスのインタビュー(2018/6/19)で体幹トレーニングとヨガをここ2年間集中して行っていることを明かされています。パーソナルトレーナーをつけているということもあるので、食事管理もトレーナーに指導されている可能性がありそうですね。

運動はパーソナルトレーナーをつけて体幹トレーニングとヨガを。ここ2年くらい集中的にやっているので、まず太ることがなくなりました。これは若い頃からやっていたことなんですけど、しばらくやめていた時期があって。また本格的にワークアウトをするようになってからは代謝が上がり、筋肉がついてきたので太ることがなくなりました。体を動かすのは好きだけど、走ったりするのは苦手で。ヨガとかゆっくり自分のペースで出来る運動が合っているんだと思います。

参考URL:<沢尻エリカインタビュー>「まず太ることがなくなりました」続ける美習慣とは?私生活での“海外移住”願望も明かす

マイペースに自身が楽しんで行えるトレーニング法を長年続けるようにされているようです。

早寝早起き

以前モデルプレスのインタビューで朝早起きをして夜10時には寝てしまう早寝早起きの習慣を送っていることを明かされていたという情報を見つけました。(2016/6/23のインタビュー)

「今は朝早く起きて部屋の掃除をして、夜7時にはごはんを食べて、そうするともう眠くなって(笑)10時には寝ちゃう。そんな生活」と最近の健康的なライフスタイルも紹介した。」

参考URL:#沢尻エリカ さんの美容法|食生活(ベジタブルファースト)・運動(パーソナルトレーナー)

これは2016年のインタビューで回答されていたようですが、2018年のインタビューでも基本的な睡眠をきちんととることが美容法であると話されていますので、現在も継続されていると推察できます。

まとめ

いかがでしたか。沢尻エリカさんは昔体重変動がありましたが恐らく仕事や周りの意見によるストレスで精神面が落ち着かず暴飲暴食に走っていたのかもしれません。しかし現在では自分を信じ、以前よりも自信をもって仕事をされている印象を受けます。歳を重ねるにつれてストレスも減り健康的な習慣を継続できるようになってきたのかもしれません。

スポンサーリンク

関連記事