高コレステロールは自分で確認できる?体に現れるサインとは?セルフチェック!

【公開日】2019年04月10日,【更新日】2019年04月10日

2019/4/9に放送されたTBS系テレビ番組『この差って何ですか?』では放っておくと病気になってしまう状態の時に体に現れるサインを特集。自分が高コレステロールであるかを自宅で簡単に確認できるセルフチェック法を紹介されていました。その方法とは?

スポンサーリンク

高コレステロールとは?

血中のコレステロールが増えると血管の壁に悪玉コレステロールが溜まり血流が悪くなるため、心筋梗塞や脳梗塞を引き起こす可能性があたくなるといわれています。

基本的にコレステロール値が高いかどうかは病院で血液検査をすれば調べることができます。しかし、血液検査は頻繁にはいきませんよね。しかし、アキレス腱の太さを見るだけでコレステロールの数値が高いか簡単にチェックすることが出来ます。

高コレステロールセルフチェック法

用意するもの

  • 定規やメジャー
  • 椅子

セルフチェック法1【アキレス腱】

  1. 椅子に座ります。
  2. 足を組みます(片足のひざ下あたりをもう片方の足の膝の上に置く感じ)
  3. アキレス腱の一番細いところをつまみます(大体くるぶしの後ろあたり)
  4. つまんだ指と指の間の長さを測ります

アキレス腱の細い部分の太さを測ってみましょう。その太さが1.5cmを超えている場合はコレステロール値が高い可能性があります。

医学博士パークサイド広尾レディスクリニック院長の内山明好先生によると「体の中でもアキレス腱はコレステロールが溜まりやすい場所で、アキレス腱というのは常に体重がかかっていますので非常に傷つきやすい組織です。それを修復するために血管からコレステロールが染み出してきます。(コレステロールというのはもともと組織を修復する働きがあります)コレステロール値が高いかたはこのコレステロールがどんどんアキレス腱に溜まってアキレス腱が太くなってきます」と話されていました。

ちなみに相当コレステロールが溜まっている方は2㎝以上になると言います。アキレス腱が太い=コレステロールが高いというのはあくまでも可能性の話です。しかし、心筋梗塞を患った10人に1人がアキレス腱の太さが1.5㎝以上であったというデータもあるようです。

セルフチェック法2【黄色腫】

アキレス腱意外にも高コレステロールであることがわかるものがあります。そのヒントは『レオナルドダヴィンチのモナ・リザ像』。モナ・リザ像をよーく見ていただくとわかるのですが、左目の横にこぶのようなものがあります。そのコブが『黄色腫』というもの。この黄色腫はコレステロールが染み出してこうゆう場所に膨らみを作ってたもの

こうゆうものが出てきたらコレステロール値が高い可能性がありますので病院へいって血液検査をされることことを内山先生はお勧めされていました。

コレステロールに関する関連記事
スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか。高コレステロールかどうかはアキレス腱の太さが1.5㎝以上であったり、目のまわりにしこりがあるかをチェックすることで自分で簡単に確認することができます。アキレス腱とコレステロールが関連しているとはかなり意外でした。

スポンサーリンク

関連記事