デトックスダイエットのやり方や効果とは?効果なし?ある?

【公開日】2017年01月05日,【更新日】2018年10月03日

デトックスダイエットの口コミを見てもダイエットに効果があるような意見が少なく効果を感じている人が少ないようです。デトックスとは体から毒素を出し健康促進を図ろうというものです。美容効果は期待できると思いますがダイエットとして本当に効果的なのでしょうか。

この記事ではデトックスがダイエットに効果的であるか、また効果的なやり方を調べてまとめてみました。

スポンサーリンク

デトックスの定義

デトックスは英語のDetoxification(解毒)という言葉からきています。美容法としてのデットクスとういうワードは体内に溜まった有害物質(毒素)を排出することで代謝をよくし健康的な体を手に入れることを定義しているようです。

そもそも体内には常に毒素は存在しているし、人間は排便・排尿を日常的に行っているので、毒素を排出する機能が備わっているのになぜわざわざデトックスをしなければいけないのでしょうか。

体内の有害物質ってなに?

DIAMOND男の健康の記事では有害物質とデトックスに関してをこのように説明しています。

現代人が日々蓄積している有害物質(有害金属や有害化学物質)とは、カドミウム、水銀、ヒ素、アルミニウム、鉛、それにダイオキシンなどだ。これらは、体に必要な必須ミネラルの働きを妨げ、体調不良や肥満、老化現象を引き起こすと言われている。

引用元:デトックスで有害物質を排出し体内を浄化

つまり、日常生活でこれら有害物質を無意識に取り込むことで、健康被害を引き起こします。ではその有害物質はどのようなものから取り込まれているのでしょう。

<日常の中であてはまる代表的な有害物質の例>

  • 農薬、食品添加物、薬、タバコ、調理器具、アルミ、加工食品
  • 水銀、鉛などの有害ミネラル汚染
  • 環境ホルモン
  • 農薬や化学肥料
  • 排気ガスや大気汚染(PM2.5やヘイズ等)

大昔の自然に囲まれていた時代(例えば原始時代)は人間は生物らしく生きていました。農業が発達していたわけでもなく、排気ガス問題もありません。もちろん食品添加物、冷凍食品、農薬もなかったでしょう。

人間が便利で産業的な生活を追求し、インフラが発達。便利・贅沢な生活基盤が整いました。それと引き換えに、人工の化学物質がうまれ、私達の健康に被害を及ぼしているのです。

つまり、現代社会に生きている私達は、この人間が作り上げた有害物質を無意識に体内に取り込み、蓄積させています。

今生きている場所・時代が当たり前の現象であるからこそ、有害物質に犯されていることには気づきにくいんです。

有害物質が体に起こす影響とは?デトックスの効果?

有害物質の種類によって体に及ぼす影響は異なりますが、代表的な例が下記ではないでしょうか。

  • 体内のビタミン・ミネラル・酵素・ホルモンの働きを低下(煙草を吸うとビタミンCの吸収率が下がることは有名です。)
  • 有害物質は脂に溜まりやすい性質を持っているため、細胞膜の働きの低下を促す→細胞が死んでしまいます。
  • アルツハイマー(アルミ)や水俣病(水銀)
  • 肺呼吸器疾患や、循環器系疾患(PM2.5やヘイズ)
  • 老廃物が溜まるとリンパの流れが悪くなりエネルギー消化の低下(太る原因)
  • 血液の流れが悪くなり、老廃物の排出もしずらくなる(太る原因)

つまり、体内に入った有害物質が蓄積されると、体の働きが鈍くなり、太る体質になります。デトックスを行うことがこれら健康被害を予防しダイエット効果も期待できることがわかります。

スポンサーリンク

デトックスダイエットのやり方とは?

デトックスダイエットのやり方は、体から毒素を排出して、健康的な体を取り戻していくことです。

私達は無意識に不必要な量の有害物質を体内に取り込んでいます。現代社会に生きる以上、必然的、積極的に個人がこの有害物質を排出していかなければ健康被害から自分を守れないことになります。

毒素の排出方法で一番効果的といわれているのが排尿ではなく、排便です。ではこの排便はどのように促せるのでしょうか。

  1. 食事を変えて快便生活へ
  2. デトックスに効くお茶を飲もう!
  3. 適度な運動を心掛ける

1.食事を変えて快便を心掛けましょう

最近では腸内フローラを整えることが健康維持に繋がることが周知されてきました。

善玉菌と悪玉菌の理想的な割合は2:1でこれらバランスが崩れることで病気や肥満の原因となるといわれています。有害物質が溜まった体は比較的善玉菌が劣勢しがちです。その為、善玉菌を増やす食事法を積極的に取り組んでいく必要があります。

善玉菌を増やす方法は、発酵食品や食物繊維を豊富に摂取すること。食物繊維には2種類あり、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維が存在します。善玉菌が増殖するのを助けてくれるのは水溶性食物繊維です。

腸内環境を整える方法は下記記事で詳しく紹介しています☟☟

2.デトックスに効くお茶を飲みましょう!

デトックスや利尿作用のあるお茶を積極的に摂取し、体内の毒素を排出していきましょう。

  • 緑茶
  • マテ茶
  • はとむぎ茶
  • どくだみ茶
  • よもぎ茶

これらがデトックスに効果が期待できるお茶になります。比較的癖の強い味のものが多いですが、自分の好みのお茶を継続的に飲むことが大切かと思います。

3.適度な運動を心掛ける。

血流の循環を良くするためにも運動は欠かせません。また、便秘の原因の1つは大腸の働きの低下によるものと言われています。運動不足や腹筋の低下で引き起こしますので、1日15分から20分間継続的に行う事が大切です。

1時間ジムに行ったり泳いだりする必要はありません。まずはあまり疲れないヨガや自宅で筋トレを始めてみるといいかもしれません。降りる駅の1駅前で降りてウォーキングをしてみたり、工夫しながら適度な運動を毎日取り入れていきましょう。

便秘がちの人は?

便秘がちの方に特化した排便を促す方法を別記事で詳しく紹介していますので、宜しければご覧ください。☟☟

まとめ

当たり前のようで実践できていない規則正しい生活を心がけることが健康維持に繋がっていくことがわかります。排便をより促すことでリンパや血流の循環を良くし痩せやすい体作りを目指してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA