唐田えりかのダイエット法(食生活や筋トレ)!身長体重カップ数は?

唐田えりかさんといえば、日本だけでなく、韓国でも所属事務所があり海外でも活躍する女優兼ファッションモデル。日本ではファッション雑誌『MORE』専属モデル。第71回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門に出品された2018年公開予定の映画『寝ても覚めても』ではヒロインの朝子役を演じられています。

photo by instagram

この記事では唐田えりかさんのスタイル維持法(食事やトレーニング法)をご紹介していきます。

スポンサーリンク

唐田えりかの身長体重カップ数は?

名前:唐田 えりか(からた えりか)
生年月日:1997年9月19日
出生地:日本 千葉県

身長:167cm
体重:推定45~50kg程度(公称されていません)
カップ数:推定Bカップ(公称されていません)
スリーサイズ:79-58-78cm

唐田えりかのダイエット法【食生活編】

塩分の多いものは食べない

むくみ体質の唐田さんは撮影がある前は塩分の多い食材をさけた食事を心がけられているようです。

撮影前は塩分の多いものを食べないようにしています。(参考:ModelPress

ダイエットをしている?

2018年4月頃からダイエットを始めたという唐田さん。その内容は食事制限法です。

1ヶ月前くらいからダイエット中で、朝はフルーツだけ夜は6時以降食べないようにしています。6時以降食べないと全然違う!朝起きたときお腹がすっきりしていますし、健康になれる気がします。

参考URL:ModelPress

食事量を減らすほか、夜は18時までに食事を済ますようにされています。夜18時以降は食べないというダイエット法は内臓が休まる効果も得られる他、脂肪が一番つきやすい時間帯に食事をすることを下げることで、血糖値の上昇も抑えられダイエット効果が期待できるといわれています。

スポンサーリンク

唐田えりかのダイエット法【筋トレ編】

半身浴

むくみやすいので、撮影前は半身浴をしていくこともあるとModelPressのインタビューで明かされされています。

半身浴とは長時間お湯につかることで、体を温め新陳代謝を促進する入浴法のことです。全身浴とは異なり、一般的に38~40度のお湯を半分浴槽(みぞおちのあたりまでつかる程度)にためた状態で入浴することをいいます。体を温めることで血行が良くなり、体内の老廃物も排出してくれるので美容にはとても良い入浴法といわれています。

リフレッシュ法は?

自然を見て触れて癒されるタイプの女の子のようです。元々千葉出身の彼女ですが、木更津出身であるという情報がありました。木更津は海に面しています。宮藤官九郎監督の『木更津キャッツアイ』の撮影地としても有名な場所です。東京ほど栄えた街ではなく田舎感の残る場所ですが、仕事で都内に来て疲れた時は木更津のような海が近くにある場所などが気持ちを休められる場所なのかもしれません(憶測です)。

自然豊かな田舎に行くとリフレッシュできます。ゆったりとした空気感に癒されて、気持ちが穏やかになるんです。老後は田舎に住むのもいいかも、なんて考えてみたり♪

参考:Daily MORE

ちなみに実家が田舎であることがわかるインスタグラムの写真が投稿されていました。

インスタグラムではこんなことをコメントされています。実家は農家をされているようで、野菜を無農薬で作られているようです。やはり実家のような場所が落ち着く場所なのでしょう。

この間、数日実家に帰りました。
この数日は全部家族と時間を過ごしました。
いつも帰宅して思うのは、空気が美味しい!星が綺麗!なのですが、今回はズバ抜けて、
「野菜ってこんなに美味しいっけ?!!」でした。
新じゃが、本当に美味しかった。
「おじいちゃんが作ったんだから当たり前だぁ〜」って満面の笑みで言われました☺︎
祖父の無農薬野菜はやっぱり偉大です✨
たまに帰っても日帰り程度だったので、実家にゆっくり居たのはとても久しぶりでした。
新鮮な空気を思いっきり吸えた。
私は本当に家族が大好きです。

まとめ

いかがでしたか。ダイエットをする前も既に美しく引き締まったスタイルでしたが、むくみやすい体質を理解してダイエットをされていたようです。自分の体に合った健康法を取り入れてスタイル維持を図っていくことが唐田流のようですね。

スポンサーリンク

関連記事