夏太りやむくみの解消法4選!冬より太るって本当!?その原因とは?

夏場は汗をたくさんかくため、歩いているだけで自然とカロリー消費していると思っている方要注意です。夏は冬に比べて基礎代謝が低下しがちな季節です。汗をかく=痩せるではないので正しい体のメカニズムを知って夏太りを解消していきましょう。

この記事では夏太りやむくみの原因、そして解消法を紹介していきます。

スポンサーリンク

夏に太る・むくむ原因とは?

夏に太る・むくむ原因は3つあります。

1.基礎代謝が低下する

基礎代謝は体温と気温の温度差に影響してきます。夏は気温と体温の温度差が激しくないため、体は体を温めようとエネルギーを消費しません。反対に冬は気温と体温の温度差が激しいため、体はエネルギーを消費し体を温めようとします。

ではなぜ汗をかくかというと、体が必要以上に熱くなった時に体を冷まそうとする為汗をかきます。つまり、汗をかく=痩せるではないということです。基礎代謝は高い方が脂肪燃焼率も上がるため、基礎代謝が高い冬こそ痩せやすい時期といえます。

2.水分過多

汗を沢山かくと水分が必要となります。夏バテ防止対策として水分補給にまめにしている方も多いのではないでしょうか。しかし、夏太りを防ぎたい方は摂取量を気を付ける必要があります。排泄量を上回る水分の摂取量によりむくみがおきます。特に下半身のむくみは水分過多が原因により引きおこる為、要注意です!

成人女性の1日の水摂取量目安は2.2リットル(約コップ9杯)ですので、運動をされない方はこの数値を上回らないようにしましょう。もちろん排泄量が多い方はそれに合わせて水分補給が必要になります。

3.カロリーオーバー

夏にカロリーオーバーになりがちな理由が2つあります。まず1つ目は水分補給といって糖分を多く含んだ飲料を飲んでしまう為です。もう一つが、夏バテ防止対策として必要以上に栄養補給してしまう為です。

夏に太る・むくみを解消する方法

温かい飲み物を飲むようにしましょう!

冷たい物は体を冷やし新陳代謝が下がります。代謝が悪くなるとカロリー燃焼率も悪くなるため脂肪が蓄積されやすくなります。

水もいいですが、お茶などは利尿作用があり排泄量を増やしてくれるので有効活用しましょう。

なるべく常温のお水や温かい紅茶やお茶を飲むと代謝を上げる手助けをしてくれます。ウーロン茶はデトックス効果がありますよ。

スカッとする炭酸飲料を飲みたい季節ですが、炭酸飲料であれば炭酸水などのカロリーが少ないものを選ぶようにしましょう。

エアコンは実はダイエットの味方!でも冷やし過ぎには注意

体が冷える状態の方がエネルギーを消耗しようとするので、基礎代謝が上がります。つまり、26度と32度のエアコンの室内にいるには26度の方が基礎代謝が上がることになります。

しかし冷え性など体が冷えやすい方は注意が必要です。寒い環境に居続けると体が冷えて逆に血行不良になってしまい代謝が低下しむくみの原因となります。

足裏が冷えてきたと感じたらエアコンを止めて扇風機に変える、一枚羽織る、温かめのスリッパを履くなど体を冷やし過ぎないように工夫しましょう。

入浴とマッサージ

夏は暑くてシャワーだけという方も多いのではないでしょうか。シャワーだけでも問題はありませんが、むくみを解消されたい方は入浴をするよう心がけましょう。

不規則な生活が続くと、ストレスに対処する免疫システムを司る自律神経のバランスが崩れ、低体温になりがちです。湯船は基本41度なので体を温め体内の血行をよくし、老廃物を排出しやすくしてくれます。つまりむくみ解消の手助けをしてくれます。

マッサージも同様の理由で、血行が良くなることで新陳代謝が促進される為、痩せやすい体をつくることができます。

野菜を多く摂取するようにしましょう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

夏の食べすぎを防ぐために、低カロリーで高栄養の野菜を食事に多く取り入れることで量増し効果や、夏バテ防止にも効果的です。夏バテの1つの原因は栄養の偏りと言われていますので、きちんとバランスのとれた食生活を送ることで夏太り・夏バテを防止することができます。

ビタミンCを含むトマトやゴーヤ、ムチンを含むオクラ、納豆、山芋、ビタミンB1を含むうなぎ、豚肉、ホウレン草などは夏バテ防止に最適です。

また、柑橘系の食べ物にはクエン酸が含まれる為、疲労物質である乳酸を体内から排出する働きがある為、疲労回復に効果的です。梅干し、レモン、グレープフルーツを積極的に摂るようにしましょう。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか。エアコンは体に悪いといわれているので、ダイエットの観点からみた時に逆に味方であるというのは意外だったのではないでしょうか。体は冷えると体温をあげようとエネルギーを消費するので、カロリー消費を効果的に行いたい方は涼しいところで運動することもいいですよ。炎天下の中ジョギングするよりもプールなどでウォーキングをする方が効果的です!

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA