マリサトメイの身長体重スリーサイズ!ダイエット法(食事運動法)とは?

マリサトメイといえば1986年にオフ・ブロードウェイデビューし、でシアター・ワールド賞を受賞。その後もシリアス系の役を演じたり活躍の幅を広げるアメリカ出身の女優さんです。

photo by Inescapable 42 | Marisa Tomei at the premiere of Inescapable… | Flickr

『ラブ・アゲイン』ではケイト役、そして2017年8月公開の『スパイダーマン・ホームカミング』ではメイ・パーカー役を演じられ、50代にも拘らず未だ一線で活躍し続けてられています。

この記事ではマリサトメイさんのプロフィール、ダイエット法(食事運動法)をご紹介します。

スポンサーリンク

マリサトメイのプロフィール


photo by Inescapable 39 | Marisa Tomei at the premiere of Inescapable… | Flickr

名前:マリサ・トメイ(Marisa Tomei)
生年月日:1964年12月4日
出身地:アメリカ ニューヨーク市ブルックリン

身長:164cm
体重:54kg
スリーサイズ:86-55-86cm

マリサトメイの美容法

マリサトメイは2014年にCelineのキャンペーンに選出され、彼女の美肌の秘訣を各メディアで取材を受けていました。彼女はインタビューで特にこれといったスキンケアは行っていませんと話されています。

マリサさんが50代を超えてから行っているスキンケア法は、朝起きてセタフィルで洗顔をします。

保湿はパーセファニーのROSE PAKA Creamを愛用されているようです。
PERSEPHENIEオフィシャルウェブサイト:http://persephenie.jp/
 “As for the outer part of her “inside-out” theory, the actress said she uses Persephenie moisturizer, but relies on Cetaphil to clean her skin.”
スポンサーリンク

マリサトメイのダイエット法(食事編)

地中海料理

マリサさんは美肌を維持する秘訣は外からのケアではなく、『何を食べるか』が最も大切であると信じています。

彼女の母親は元々地中海出身のようで、様々な地中海料理(健康食)を作ってくれたと話されています。

研究者らは、地中海の人々はアメリカ人に比べて例外的に健康であり、多くの成人病のリスクが低いと指摘しました。

地中海食は体重減少を引き起こし、心臓発作、脳卒中、2型糖尿病、早期死亡の予防に役立つことが数多くの研究によって示されています。

クリーンフード

食べ物は健康的で体を喜ばせるものを積極的に摂取されているマリサさん。特にNew York Cityでは
Cleanなものを食べましょう活動が行われていて、加工食品等添加物の入ったものではなく、
素材そのまま = Whole Foods(ホールフーズ)を食べましょう!という活動です。

加工品や添加物はダイエットの天敵であるむくみなどを引き起こします。血液の循環の力を弱まると老廃物が溜まり、特に下半身が水分過多の状態となってむくみとして現れます。老廃物を溜めると痩せ体質になりにくいのです!

マリサトメイのダイエット法(運動法)

たくさん睡眠をとる

毎日8時間は睡眠を取るようにしています。忙しくなくてもっと寝ていられる場合は8時間以上寝ています。と話されています。睡眠と食事が一番肌を綺麗に保ってくれる習慣の為、継続されているようです。

フラフープ

親友の1人が彼女の住む町の端っこの方に住んでいて、それではお互いの家のちょうど中間地点で会いましょう!という話になりました。その中間地点にあったものがフラフープ教室だったんです。と話されています。

そのフラフープ教室へ親友と通い始めたら案外面白くって体も(特に脚を)引き締めてくれるので通っているといいます。

家のリビングでもフラフープを使ったワークアウトを40分間行われることもあるようです。

ヨガやピラティス

マリサさんはWINSER CHOSAでピラティスを教わっているようです。ピラティスをやるときは常に抵抗バンドを持っていき、エクササイズをするときに使っているといいます。

元々運動は苦手

元々運動を長時間行うことができないマリサさんは、ジムにいっても、トレッドミル(ランニングマシーン)で歩くかヨガをするかでした。過度の運動は彼女には合っていなかったようです。その中でハマっているものがピラティスだといいます。

まとめ

いかがでしたか。50代になってからできることを小さいことからコツコツと行っていくこと、シンプルに無理をしすぎないこと、それがマリサ流の生活習慣なのかもしれません。もちろん役柄上ハードな運動をしなければいけない時もあるようですが、普段はマイペースに体が喜ぶことを行うようにされています。

スポンサーリンク

関連記事