首を前に倒したら痛い原因とは?改善法の雑巾がけ体操のやり方!

2018年1月30日に放送されたTBS系テレビ番組『この差って何ですか』では首にトラブルを抱えている人に対し、どのように動かすと痛いかで原因が異なることを紹介されていました。

後ろ、前、横に倒した時に痛い首回りは動かし方によって原因や対処療法が全然異なるといいます。

この記事では首を前に倒すと痛い症状の原因や改善法をご紹介していきます。

スポンサーリンク

首を前に倒したら痛い原因とは?

東京医科大学整形外科学分野 医長の松岡佑嗣(ゆうじ)先生によると、『首を前に倒した時首から肩にかけて痛いという場合の原因は首ではなく背中の筋肉の炎症を起こしている可能性が高い』と話されていました。

背中には首から肩甲骨にかけて背中の筋肉がついていますが、その筋肉が凝り固まっていると痛みが起こってきます

首を前に倒すと痛い人は、前に倒すことで凝り固まった筋肉が引っ張られて痛みが起こります。

背中の筋肉のこりチェック法

  1. 壁にカカト、おしり、背中をつけます。
  2. 腕を肩の位置まで上げます。
  3. 体が壁から離れないように両腕をゆっくり上へ上げていきます。

60度以上両手が上に上がれば問題ありません凝り固まっている人の場合は60度まで腕が上がらない状態です。

首を前に倒したら痛い人の改善法『雑巾がけ体操』とは?

原因が分かったところでこの背中のこりを解消していく方法が気になります。

そこで松岡先生がおすすめする改善法が『雑巾がけ体操』です。

雑巾がけ体操のやり方

  1. 両膝・片手を地面につけます。
  2. ついてない方の腕を内側から外側へなるべく大きく回していきます。イメージとしてはアイーンの状態から雑巾がけのようにぐる~っと内側から外に回していく感じです)
  3. この時、なるべく指先を一番遠い所に引っ張るようにしましょう
  4. ゆっくり行っていきましょう。

朝・晩左右5回ずつ行っていきましょう。

松岡先生によるとこれを毎日行うことで1ヶ月で背中の筋肉が緩んでくると話されていました。

首トラブルの関連記事
スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか。首が痛んでいるようで原因は背中からきているんですね。首が痛いと首に問題があると思い、温めたりマッサージしたりしがちですが、原因をきちんと知った上で改善法を実施していくことでより早く悩みから解消されそうですね。

スポンサーリンク

関連記事