シェールの身長体重カップ数は?ダイエット法(食生活や筋トレ法)とは?

シェールさんといえばアメリカ出身のハスキーな歌声と印象的かつ個性的なポップス歌手兼女優。デュオは60年代半ばから70年代前半にかけ全米1の人気グループに。一方シェールも66年「バン・バン」のヒットから躍進しました。

photo by instagram

現在70代だとは思えない程の美しさを誇るシェールさん。この記事ではシェールのスタイル維持法(食事やトレーニング法)を調べてまとめてみました。

スポンサーリンク

シェールの身長体重カップ数は?

Cherさん(@cher)がシェアした投稿


名前:シェール(Cher)
生年月日:1946年5月20日
出生地:アメリカ カリフォルニア州・エルセントロ

身長:174㎝
体重:61㎏
カップ数:C75(アメリカ34B)

シェールのダイエット法【食生活編】

お肉を食べない!?ベジタリアン

以前Twitter上でファンにクリスマスに七面鳥ドレッシングまたはハムどちらを食べますかと質問された際に『ハムは食べません。』と回答されています。

彼女はハムもそうですが赤身肉も食べません。野菜を多く摂取しているようで、お肉は体に悪い物を信じているようです。

お酒はあまり飲まない

とにかく彼女の生活で大切になってくることが『健康的』であること。体に害があるものはなるべく避けて暮らされています。その為お酒も年に3,4回程度しか飲まないと話されています。

健康のためにかなり節制されているようです。

脂質が多い食べ物や飲み物は摂取しない

彼女の体にとって調子が良くなる栄養を摂取するように努められています。その中で彼女が調子を崩したり体重を増加させてしまう栄養素としてあげているものが脂質。その為牛乳を飲むときも低脂肪のものを飲むようにされています。

牛乳だけでなく、彼女は基本的に乳製品を毛嫌いしているようで、チーズなんて消化にも悪いし脂質を多く含むのでとても良くない食材として認識されているようです。

個人的な見解ではありますが、彼女の食事療法は少し情報が古いように思います。牛乳は低脂肪のものを飲む必要はありません。

牛乳には認知症を抑制する働きや筋肉を作る必須アミノ酸が含まれていますし牛乳は太るというのは誤解であることが最近明かされてきました。

エネルギーとなる食材を摂取する

ステージでのパフォーマンスを完璧にこなす為に必要なエネルギーを食事から得るようにされています。

その内容は白米ではなく玄米を食べることレンズ豆などの豆類、野菜、パスタ、果物。特にパスタや果物はたくさんのエネルギーを摂取できるといいます。果物はバナナやパパイアなどからパワーを得ているようです。

スポンサーリンク

シェールのダイエット法【筋トレ編】

ジムでトレーニング

シェーンさんはとにかくよく体を動かしています。週5回ジムに通って筋トレされているようです。それは彼女が習慣化していることであり楽しんで行っています。そのおかげで5分間プランクを保持できると言います。

ジム以外にもウォーキングなども行っているという情報があります。

 

サーフィン

最近習い始めたというサーフィン。サーフィンはパドリングで腕を使いますし、立ち上がるときには全身の筋肉に瞬発力が求められます。波のあるところにいくのでそれだけでもカロリーは消耗されますのでダイエットには適したスポーツといえるでしょう。サーファーの人で太っている人ってあまりいないですよね。

まとめ

いかがでしたか。シェーンさんが考える『健康法』というものは少し行きすぎなところがあり情報が古いようにも思いますが、彼女の体には合っているのでしょう。彼女が70代には見えない程若々しくパワフルに仕事を続けられているのもその『健康法』が彼女を支えているからといえそうです。

スポンサーリンク

関連記事