君島十和子の美容法をそれダメで紹介!血液クレンジングはどこ?

君島十和子さんといえば『JJ』の専属モデルなど芸能活動を以前されていましたが、結婚を機に引退。

今では美のカリスマ・ビューティセレブと呼ばれ、彼女に憧れる女性をトワラーとも呼ぶほどの社会現象。十和子さんが配信したウェブマガジン『十和子道』は、わずか10カ月間で約900万PVを突破しました。

「ソレダメ! ~あなたの常識は非常識!?~」(テレビ東京)では君島十和子さんの驚愕な5つの美容法を紹介していました。

スポンサーリンク

君島十和子の美容法1

蕎麦屋で摺りごま大量摂取』。ランチタイムに足を運ばれた場所は行きつけの蕎麦屋。そこではせいろを注文されていました。

お蕎麦のおつゆは茶碗に5㎜程度しか入れません。そこに持ち込んだ(行きつけのため許可を得ています)すりごまを大量投入。これが十和子流美容法。

ちなみに食後にはバルサミコ酢を飲まれていました。酢の名前は:アドリアーノ・グロソリ アチェード バルサミコ ディ モデナでした。

1日50㏄のバルサミコ酢を飲むそうです。一気に50㏄飲むのではなく食後などにちょびちょびと飲みます。

君島十和子の美容法2

血液クレンジング月に1回通われています。この血液クレンジングとは自分の血液を200ccほど採血し、それにオゾンを混ぜて血液を戻すことで体の中の酸化を止めたり、還元することが出来るというもの。

血液クレンジング (オゾン療法)は日本国内ではあまり知られてはいませんが、イギリス、ドイツ、スイス、イタリア、オーストリア、ロシア等のヨーロッパ諸国では、既に確立、認知された治療法で、エイジング、動脈硬化疾患、関節、筋肉などの運動器疾患、そして癌治療にまで応用されています。
オゾン治療は、オゾン治療の専門病院が存在するほど、スタンダード、かつ安全な治療法なのです。

参考URL:血液クレンジング(オゾン療法)とは?

君島十和子が通う血液クレンジングはどこ?

君島家は、大田市場の事務棟にある東海渡井クリニックに通われています。

【東海渡井クリニック基本情報】

〒143-0001 東京都大田区東海3-2-1大田市場内事務棟2階
TEL:03-5492-2711 E-mail:tokai-clinic@nifty.com

【血液クレンジング値段】

血液クレンジング初回 ¥15,000
2回目以降の料金 ¥21,000

スポンサーリンク

君島十和子の美容法3

スマホで地撮り』。仕事中に携帯を取り出して謎な行動をしていると思いきや、動画であらゆる角度から自分の顔を撮影されていました。

君島さんにとって横顔が一番人に見られるところだけれども、自分のケアでは怠りがちだと考えられています。化粧が崩れていたり、鏡を見るときは自分の都合のいいように正面からの綺麗な顔しか移さないため、ありのままの自分をあらゆる角度から観察することで美意識を高めているようです。地を撮るから地撮り。

君島十和子の美容法4

毎日違うヨーグルトを摂取』。毎日違うメーカーのヨーグルトを摂取することであらゆる種類の腸内細菌を摂取することができると聞いたことがあり、毎日違う種類のヨーグルトを食べるようにされています。

一人のヒトの腸内には100種から3000種類の細菌が100兆個から1000兆個の腸内細菌が生息しています。そしてヨーグルトメーカーさんによって入っている菌は異なります。ということを考えるとこの美容法は理にかなっていそうですね。

君島十和子の美容法5

50度の熱湯で十和子煮』普段は家族もお風呂に入るので41~2度程度のお湯に設定したお風呂に入ります。その時は大好きな『池井戸潤』さんの小説とお水を持って入浴されるようです。それダメの収録では『下町ロケット』を読まれていました。

しかし、ストレスを感じた時やすっきりしたい時は、健康に良くないとわかっているけれども、熱湯を注いでお風呂を50度にします。それで40分間入浴。50度のお湯に入って真水をシャワーで浴びることを繰り返しているようです。

健康に良くないので絶対真似しないようにしましょう。彼女自身もお風呂から出たときはふらついて壁を伝って歩いていると話されています。

まとめ

いかがでしたか。テレビをご覧になった方は度が過ぎている美容法に唖然としてマイナスな反響も出ていますが、それでもやはり50代であそこまで綺麗でいられることに憧れを抱いている女性も多いようです。十和子煮は絶対真似しないほうがいいですが、他は比較的簡単に真似できる内容ですね。

スポンサーリンク

関連記事