PONで紹介されたぽっこりお腹を引き締めるエクササイズ&食事法!

夏まで残りわずか。冬の間気にせず溜めてしまった脂肪を夏までには絞りたい!と思っている方必見!『PON!』(日本テレビ)ではティップネストレーナーが腹筋効果を上げるコツやポッコリお腹を引き締める簡単エクササイズ法を紹介していました。

スポンサーリンク

腹筋効果を上げるコツ

腹筋の効果を上げるコツは、背骨をうまくしならせることです。

背骨のしなりがないと、腹筋が動く範囲が狭く効果が出づらいといいます。

その為、腹筋を行う前に背骨をしならせることで腹筋効果を上げることが期待できるそうです。

背骨のしならせ方

  1. 四つん這いの姿勢になり、肩の下に腕を、腰の下にひざを置き肘を伸ばします。
  2. ゆっくり顎をひいて顔をゆっくり下げながら背中を引き上げ背骨を天井に向かって突き上げます。
  3. そしてゆっくり顔をあげて背骨を地面に向かっておろしていきます。
  4. この動作を繰り返しましょう

※天井に背骨を突き上げているときは体がアーチしている状態。イメージとしては腰をひもで天井に引き上げられている感じ。

ぽっこりお腹を引き締める簡単エクササイズ法

タオルを用意します。

  1. 体育すわりになります。
  2. タオルを膝の裏側に通して両手で持ちます。
  3. この姿勢から仰向けに寝ましょう。(足は屈伸した90度の状態で)
  4. 顎を引いてお腹に力をいれます。タオルを奥(足先の方)に押すようにして上体を起こしていきます。
  5. これを何度か繰り返していきましょう。タオルを押しているときは息を吐いていきます。

※ポイントはできる限り高い位置まで上体を起こすこと。気になる下っ腹にきくといいます。

これを1日10回行っていきましょう。きついようであれば途中休憩して合計10回でもOK。

食事は?

朝食にタンパク質と炭水化物を摂取することが大切です。代謝と体温があがり、太りにくくなるといいます。

その為、日本の昔ながらのごはん。『ごはん、味噌汁、サラダ、焼き魚』これがベストといいます。

その為、フルーツだけ、野菜だけといった朝食は太りにくい体づくりの朝食には適していないようです。

スポンサーリンク

ティップネスとは?

6/20(水)放送の日テレ系朝の情報番組「PON!」で“お腹ひきしめエクササイズ”はこのティップネスのトレーナーによって紹介されました
いきなり筋トレに入るのではなく、準備の運動をしてから行うテクニックは、『メリハリABS/HIP』のプログラムで使われています。このプログラムは女性が気になる部位ランキングで、常にトップを争う“お腹”と“お尻”。このプログラムは、メリハリのあるボディラインを作る
ために、お腹とお尻というパーツメイクに特化した、各 20 分間のショートプログラム
です

ティップネスでは2018年6月30日までお得な入会キャンペーンを実施しています。

ジム概要

【場所】関東24店舗、関西10店舗、中京東海エリア4店舗

公式ウェブサイト:ティップネス

まとめ

いかがでしたか。これであれば比較的簡単に1日の習慣に取り入れられ継続できそうですね。背骨をしならせる運動はとても気持ちいいのでむしろ毎日やりたくなってしまうほどです。

スポンサーリンク

関連記事