ゼンデイヤのダイエット法(食事運動)!身長体重スリーサイズは?

2014年ラジオ・ディズニー・ミュージック・アワードでベストスタイル・アーティスト賞を受賞する若手女優、シンガーソングライター、ダンサーであるゼンデイヤさんですが、2017年8月に公開される『スパイダーマン・ホームカミング』にミシェル役で出演されています。

photo by August 27, 2016 | Madame Tussauds is a wax museum or waxwork… | Flickr

ディズニー・チャンネル放送コメディドラマ『シェキラ!』のロッキー・ブルー役を演じる彼女はティーンズの間で人気に拍車をかけています。

この記事ではゼンデイヤのプロフィール、ダイエット法(食事運動)をご紹介していきます。

スポンサーリンク

ゼンデイヤのプロフィール

名前:ゼンデイヤ(Zendaya Maree Stoermer Coleman)
生年月日:1996年9月1日
出身地:アメリカ合衆国カリフォルニア州オークランド

身長:178cm
体重:59kg
スリーサイズ:86-63.5-86 cm

スパイダーマンホームカミングの予告動画

Zendayaさん(@zendaya)がシェアした投稿

ゼンデイヤのダイエット法【食事編】

年齢も若い為、今のところ特定の食事療法を導入していないようです。好きな物を食べるようにされています。

ブリトーが好物

Zendayaさん(@zendaya)がシェアした投稿

ブリトーを好んで食べられることが多くあるようです。ブリトーとは小麦粉で作られたトルティーヤに具材を乗せて巻いたメキシコ料理、テクス・メクス料理およびアメリカ料理です。

具材をヘルシーな新鮮な野菜やたんぱく質の多い鶏ささみなどを使うことで低カロリー高たんぱくの食べ物としてもいただけます。

野菜苦手だけどベジタリアン

野菜が比較的苦手ですがベジタリアンであるゼンデイヤさん。そんな彼女でも食べられるベジタリアン料理がありますのでご紹介します。

野菜苦手でも食べられるゼンデイヤ流RICE SALADレシピ

<材料>

470cc インスタント玄米
470cc の野菜のスープ(必要に応じて鶏肉や牛肉のブイヨンでも可)
大さじ1 良質のオリーブオイル
1個 小さなタマネギ
1個 小さなズッキーニ
28g パッケージマッシュルーム、スライス
2本 ニンジン
小さじ2 レモン汁
適量 塩とコショウ

作り方
  1. 水の代わりにブロス(野菜スープ)を使って米を炊く。脇に置いてください。
  2. オリーブ油をフライパンで加熱し、すべての野菜を加えます。
  3. 3分間または野菜が柔らかくなるまで炒める。
  4. 調理した米を加え、5分間中火で炊きます。
  5. 熱を取り除く。
  6. レモン汁、塩、胡椒を加えて30分冷やしてください。完成!

他に好きな食べ物は?

Zendayaさん(@zendaya)がシェアした投稿


ブリトーの他に好きな食べ物は、ラーメン、砂糖がかかったシリアル、デザートはコーヒーアイスクリーム、シロップのかかったパンケーキだといいます。比較的高カロリーなものを食べられているようですね。若いって本当に羨ましいです。

スポンサーリンク

ゼンデイヤのダイエット法【運動編】

自分が好きだと思うものを行っていくことが大切と話されています。彼女が楽しみながら行えるエクササイズがダンスでした。

ダンス

Zendayaさん(@zendaya)がシェアした投稿

熱中してできる運動がダンスのようで、アメリカのテレビ番組などでは結構な頻度でゼンデイヤさんのダンスが取り上げられています。ヒップホップなどではなく社交ダンスも踊られています。

ゼンデイヤさんのダンス動画を見つけましたので載せておきます。米国ABC放送ダンス・コンペティション番組『ダンシング・ウィズ・ザ・スターズ』で準優勝をしているほどの腕前です!!

fight  choreography

Zendayaさん(@zendaya)がシェアした投稿

Fight  choreographyとは、簡単に説明すると映画などのアクションやファイトシーンで使われる格闘テクニックを培うエクササイズ法です。スタントマンなどが行う格闘技の一種になります。

イメージがつきにくい方にFight choreographyの動画を見つけましたので、念のため載せておきます。

まとめ

ゼンデイヤさんは特にこれといった食事療法を取り入れられているわけではありませんが、ダンスや武道といったハードなエクササイズを楽しみながら行われている為、あれだけ美しい筋肉ボディを維持されているのでしょう。特に彼女がダンスしている時の姿は肉体美、パフォーマンス総合的にみても本当に美しいですね!何より自分が熱中できるからこそ継続していけるということが大切なのかもしれません!

スポンサーリンク

関連記事