夜バナナダイエットを成功させる方法と効果!朝バナナとの違いを比較!

朝バナナダイエットは一時流行しましたが、バナナを『夜』食べることでダイエット効果が期待できることをご存知ですか。過酷な食事制限もなく、毎日の食卓にバナナを取り入れるだけですのでとても簡単でどんな方でもすぐに試すことが可能です。

そのバナナダイエットの方法と効果についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

夜バナナダイエットとは

夜バナナダイエットとは、夕食前にバナナを食べるというとても簡単なダイエット法です。バナナといえば朝食べる印象が強い食べ物ですが、バナナを夜に食べることで夕食の量を減らす効果が期待でき、減量の手助けをしてくれます。

バナナの目安量とタイミング

このダイエット法を行っていく上で、バナナの量とタイミングは成功させる為に最も重要な項目になります。まずタイミングですが、夕食の15~30分前に食べるようにしましょう。目安量に関しては、1~2本を摂取しましょう。

朝バナナと夜バナナの違い

基本的に朝は体内に溜まった毒素を排出する時間です。逆に夜はエネルギーを蓄える時間なのでダイエッターの方はできる限り低カロリーで脂肪になりにくい食材を摂取する必要があります。

なぜ朝バナナを食べると良いかというと、便秘解消の効果はもちろん、老廃物を排出することを促してくれる食材がバナナである為です。体内の老廃物が排出されることで痩せやすい体をつくることができます。

ではなぜ夜バナナを食べると良いかというと、バナナは腹持ちが良く低カロリーの食材の為、夕食前に少量の満腹感を与えてくれ、夕食の量を減らす効果があります。又、脂肪燃焼を促す効果がある為、寝ている間に脂肪の蓄積を防いでくれます。

夜バナナダイエットを成功させる6つのルール

  • 夕食前に1~2本のバナナを食べる。※できる限り時間をかけて食べましょう。
  • 食べるタイミングは夕食の15~30分前
  • バナナを食べた後にコップ一杯(200ml)のお水を飲む
  • 普通に夕食を食べますが、満腹を感じたところで食べるのを止めましょう。無理して食べる必要はありません。
  • 飽きてしまわぬよう、ホットバナナにしたり、無糖のヨーグルトをかけて食べても良し!
  • 22時から2時の時間帯は睡眠。この時間帯に脂肪燃焼が行われます。
スポンサーリンク

夜バナナの健康効果

バナナは1本86Kcalと低カロリーといえる食材です。低カロリーにも関わらずダイエット中に不足しがちな栄養素を補ってくれます。そんなバナナの健康効果やダイエット効果はどのようなものなのでしょうか。

むくみを改善

バナナに含まれるカリウムには利尿作用があり、むくみを改善してくれます。

むくみの原因は血流が悪くなる・体内の老廃物が溜まる・下半身の水分過多によって起こります。その為、利尿作用のある食材を摂取することで老廃物を排出し、更に水分過多を解消してくれます。

便秘解消

バナナには食物繊維やペクチンが含まれているので、整腸効果が期待できます。バナナを食べることで、便を絡めとり体内に排出してくれます。便秘解消を期待する場合は朝食べると効果的です。

バナナを食べた後に水分を取ることで体内の毒素を排出することができ、デトックス効果が期待できます。老廃物が溜まった体は代謝が悪いので、太りやすくなっていますが、デトックスをすることで痩せやすい体を手に入れることができます。

血糖値の上昇を抑える

バナナに含まれるカリウムやペクチンは血糖値の上昇を抑え、脂肪の蓄積を抑制してくれます。夜の10時から朝の2時にかけて体はエネルギーを蓄えようとします。夕食前にバナナを摂取しておくことで、血糖値の上昇を妨げてくれる為、寝ている間に脂肪がたまりにくくなります。

脂肪燃焼効果

バナナに含まれるアルギニンは成長ホルモンを活性化させる効果があります。この成長ホルモンは夜10時から朝2時に最も活性化されます。夜バナナを摂取することで成長ホルモンを刺激することができます。これによりアンチエイジングや脂肪燃焼を促すことができます。

又、バナナに含まれるビタミンB1も脂肪燃焼の手助けをしてくれる成分です。

美肌効果

 

バナナに含まれるビタミンB2、ビタミンB、ポリフェノールは肌の新陳代謝を高めてくれます。前述しましたが、成長ホルモンが活性化させることにより肌のアンチエイジング効果も期待できます。

ストレス解消

バナナに含まれるセロトニンはうつ病を改善する効果がある成分です。又、マグネシウムには抗ストレス効果があります。ストレスの多いこの社会で生き抜くために『1日1本(バナナ)』と推奨されるほど、バナナはメンタル面も健康にしてくれます。

バナナダイエット期間

とても手に入りやすい食材で、継続しやすいダイエット法ですが、どれくらいの期間続ければよいのでしょうか。1週間で結果がでる人もいます。しかし口コミを調べてみると、平均的に1ヶ月で3~5キロの減量するようです。特にお腹周りが減ったといった声が多くお腹痩せされたい方にお勧めのダイエット法です。

もし1ヶ月で効果が出た方はその後も継続して行われることで更なる減量が期待できますよ。

まとめ

いかかでしたか?朝に食べるか、夜に食べるかはご自身の悩みの種にご相談されて決められると良いと思います。便秘気味でデトックス効果を期待されたい方は朝摂取、体重の増量やお腹周りのお肉が気になる人は脂肪燃焼効果を期待し夜摂取すると良いでしょう。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA