TOKIOカケルで篠原涼子が私生活やお弁当の作り方やを公開!

篠原涼子さんといえばフジテレビ系テレビドラマ『民衆の敵』に主演されますね。彼女のドラマは常に話題を呼びます。2児の母である篠原さんですが、売れっ子芸能人の母も庶民と同じような生活を送っているのでしょうか。

2017年10月18日に放送されたフジテレビ系バラエティー番組『TOKIOカケル』にで私生活を暴露しています。

この記事では篠原さんの知られざる私生活をご紹介してきます。

スポンサーリンク

篠原涼子のプロフィール

名前:篠原 涼子
生年月日:1973年8月13日
出身地: 日本・群馬県桐生市

身長:162cm
体重:推定45kg (公称されていません)
スリーサイズ:80-60-85cm

篠原涼子はどこまで持っている!?庶民が使う物を使うのか?

TOKIOカケルの番組内で、TOKIOの山口さんからの質問で『どこまで持っている』を〇×形式で答えてくれています。

1.ポイントカード

持っている。デパートとかのポイントを集められているようです。

2.電動ママチャリ

持っている。2人の子供がいるのでかなり助けられているとか。

3.ハロウィンで着るコスプレ衣装

持っている。仮面舞踏会のコスプレをされたようです。

4.ついついくちずさむ鼻歌

持っている。自画作曲をしてしまう篠原さん。青バッタの歌や『だけど行かないで~、でも行っていい』という歌を披露されていました。

5.10代の頃に買った物

持っている。ぬいぐるみを持っているようです。犬が人間のような恰好をしているぬいぐるみで気持ちが入っている気がして捨てられないようです。

6.1人になりたい時に行く場所。

持っている。1人になりたい時は『ヨガ』をするようです。

海外や旅行もいいけれども、どうしても子供のことが気になってしまうので、ヨガのように近場で1~1.5時間自分の時間が作れることで精神的に安定していられると話されています。1時間ヨガをして30分シャワーを浴びる時間がかけがえのない時間のようです。

スポンサーリンク

篠原涼子のお弁当料理

毎朝6時に起きて子供2人のお弁当と旦那さんのお弁当を作っているという篠原涼子さん。性格がおとこっぽいので結構大雑把ですが、簡単にかわいくアレンジでき、栄養も偏らないように努力されているようです。

旦那さんは稽古の時は必ずお弁当を持っていくそうで、子供達も幼稚園と小学生なので毎日お弁当を作られています。

お弁当の中身で選んだ食材とは?

テーマは子供が喜ぶお弁当。そのお弁当に選んだ食材はこちら

  • サラダ菜
  • ウインナー
  • ハム
  • ブロッコリー
  • 卵焼き
  • ごはん
  • 海苔
  • ごま(白黒)
  • ベーコンアスパラ
  • ミニトマト
  • フルーツ
  • ミニグラタン

お弁当箱が2つで1つはおかずとごはん、もう一つはフルーツをたくさん入れていました。

盛り付け方は、まずサラダ菜を3枚程度箱にひいて、そこに具材を盛り付けていきます。

ウインナーは小さくカットして可愛い串刺しに指します。

ブロッコリーは子供が食べずらい野菜なのでハムにくるんで盛り付けます。

海苔は顔型にカットしてごはん(おにぎりくらいの形にしたもの)にのっけて顔にします。

ご飯にゴマをかけて混ぜていましたが、顔のデコレーションをしたかったのにミスった!と話されていました。しかし、ゴマは栄養価が高いのでなるべく入れたいと言っていました。

常にお弁当の食材として冷凍して作り置きしておくものは?

  • 煮込みハンバーグ
  • 揚げ物

これらはお弁当用にパン粉をつけて、冷凍保存されています。

ちなみに参考に毎回お弁当は写真を撮っているようです。

桜デンプンはあまり得意じゃないですが、ゆかりは好きで重宝しているようです。

まとめ

いかがでしたか。篠原さんは意外と庶民的な生活を送られているようです。母となると女優ではありますが、時間が足りないこともあり、時短のワザを生活に取り入れているようです。子供を一番に思うからこそ大切なことに時間を使っているとても愛情あふれるお母さんの顔を垣間見れた気がしますね。

スポンサーリンク

関連記事