田中みな実のダイエット法!可愛い女子アナの身長体重スリーサイズは?

元TBSアナウンサーで現在フリーで活躍される田中みな実さんですが、学生時代は青学準ミスに選ばれるなど、『可愛い!』や『胸が大きい!』などといった男性ファンからの声が絶えません。

photo by 田中みな実アナが退社し、ミヤネさんの事務所へ! | fuba recorder | Flickr

男性から人気のある女性は同姓から嫌われがちですが、嫌われる理由はその女性に実際に魅力があるからでしょう。この記事では多くの男性を魅了する田中さんのプロフィール、ダイエット法(食事・運動法)をご紹介していきます。

スポンサーリンク

田中みな実のプロフィール

浴衣ー💓 お肌つやぴかみな実さん🍒今日も楽しい撮影でした☺️ #jucyメイク #田中みな実 さん #noeffect

Lila 宮本由梨 Hair&Make-up Jucyさん(@miyamoto_yuri_)がシェアした投稿 –

名前:田中 みな実
生年月日:1986年11月23日
出身地:日本 埼玉県朝霞市

身長:153cm
体重:公称されていませんが40キロ前後とのこと
スリーサイズ:83-57-84cm

田中みな実のダイエット法【食事編】

ジュースクレンズや野菜から酵素を摂取

元々太りやすい体質である田中さんは、少し食べすぎてしまった時にジュースクレンズや野菜から酵素を摂取しデトックスされているようです。

酵素には多数の働きがありますが、人間の生命にかかわっている部分でいうと、食べ物の消化、皮膚の新陳代謝、血液の循環などあらゆる働きに関わっています。

酵素自体ダイエット効果のある成分ではありませんが、酵素を摂取することにより基礎代謝を向上させ、痩せやすい体質を作り上げることができます。

毎日プチトマトとシャインマスカットを食べる


【送料無料】 JA岡山 『シャインマスカット 晴王』 【赤秀】  大粒 2房 (約500g×2) 化粧箱入り

イチゴやプチトマト、そしてシャインマスカットを持ち歩いているようです。

テレビ朝日系バラエティ番組『中居正広のミになる図書館』にてバックの中を公開し、『その中にフルーツトマト、シャインマスカット、ナガノパープルが入っており、今日のお昼です』と話されていました。

マスカットは栄養学的に『果物の女王』と言われ、ビタミンではB1、B2、B6、Cが豊富で、ミネラルではカリウム、カルシウム、鉄、銅、マンガン、リン、さらにはアミノ酸などが多数バランスよく含まれます。またポリフェノールは抗酸化作用が期待できるため、美肌効果にも最適です。

高学歴の田中さんらしい選択肢の食材ですね。マスカットを持ち歩くとはなかなか思いつきません。

朝にマヌカハニーを舐める

マヌカハニーは高い殺菌作用を持ち、腸内の悪玉菌の活動の抑制から殺菌まで行う働きがあるといいます。ピロリ菌に感染している患者にお勧めされる食材でもありますね。

悪玉菌は腸内で有害物質を作っていきますので将来的に癌の原因となったり、肝臓を弱らせていきます。

特にお酒をよく飲まれる方は肝臓が弱っていることが多いですが、肝臓の機能が低下すると老廃物を体外へ排出する能力が弱まっている為、便秘やむくみの原因となったり、生活習慣病・老化が促進されてしまいます。

スポンサーリンク

田中みな実のダイエット法【運動編】

器械体操

バラエティ番組『笑神様は突然に…』で島シリーズのロケに参加された時に、「意外と運動神経はいい方なので」「器械体操をやってました。バック転とか宙返りとかできる」と明かしています。

中学・高校の6年間器械体操の部活に参加し、部長を務めたこともあるといいます。

器械体操流のトレーニングで体幹を鍛えることで、持久力と瞬発力を兼ね備えた実用的な筋肉が鍛えられます。 

田中さんの細身で美しいボディーラインはこの学生時代に培った筋肉からきているのかもしれません。

大学時代はテニスサークルに所属

器械体操とは無縁のテニスサークルに大学自体は所属していました。一般的に大学のサークルは本気で運動をするところと、しないところがあるので、実際に田中さんが頻繁にテニスを行っていたかどうかは情報がないので調べられませんでした。

テニス自体全身の筋肉をつかっておこなう運動で、特に腕の筋肉や足腰の筋肉を鍛え上げることができます。ひねりもはいった動作からウエストラインの引き締め効果がありますね。

まとめ

いかがでしたか。食事に関しては、体に良い物を積極的に摂取されている印象があります。又、太りやすい体質と向き合い、時と場合に応じてコントロールされているからこそ、長年体型を維持されているのかもしれません。現在行っている運動は公表されていませんが、テレビで運動神経がいいと発言されていますので、もしかしたら現在も定期的に運動を行われているかもしれません。

スポンサーリンク

関連記事