キヌアの効果効能と副作用10選【スーパーフード】

キヌアは世界で最も人気のある健康食品の1つです。

キヌアはグルテンフリーで、タンパク質が多く、9種類の必須アミノ酸をすべて含む数少ない植物食品の1つです。また、繊維、マグネシウム、ビタミンB群、鉄、カ​​リウム、カルシウム、リン、ビタミンE、および様々な有益な抗酸化物質も多く含まれています。

そんなキヌアが私達の体に与える効果・効能・副作用をご紹介していきます。

スポンサーリンク

キヌアの健康効果

副作用:サポニンでコーティングされている

キヌアは何千年も食べ物として使われてきたので、キヌア種子を食物として使用することは安全です。キヌアの健康上のリスクはほとんどなく、ほとんどの人が種を安全に食すことができます。

種子にはサポニンが自然にコーティングされており、胃の炎症を引き起こす可能性があります。したがって、キヌアは使用前にすすがれなければなりません。

キヌアに関連する有害な影響の報告はまだ不十分である為よほどのことがないと健康被害はないようです。

体内組織の修復をしてくれる

体内組織には一定の摩滅が存在し、それらの組織を修復する為にはタンパク質が必要です。キヌアはたんぱく質が豊富(白米の2倍)でこれらの組織の修復を手助けしてくれます。

高血圧や片頭痛の軽減

この種子にはマグネシウムとリボフラビンが含まれており、高血圧や片頭痛の軽減に役立ちます。この成分は、血管を弛緩させ、頭痛の原因となる血管収縮を減少させます。またストレスを軽減する効果があります。

喘息の症状を軽減する

喘息に苦しんでいる人は、これらの種子をマグネシウムとリボフラビンとして取り込むことで症状を軽減することができます。

マグネシウムとリボフラビン血管の狭窄を緩和することで緊張やストレスを減らしし、空気が通過する道の通りを良くしてくれます。つまり呼吸がしやすくなる働きがあります。

エナジーブースト

もしあなたが頻繁に運動する人、又はお子さんが運動をしていてもっと体力をつけてあげたいと思っている人には、エネルギーを生産するために必要な炭水化物が豊富であるため、このキヌアの種子を摂取することで体力をつけることができます

心臓病予防

動脈や静脈の血液が詰まって心臓の問題が起こることがあります。キヌアは動脈または静脈が閉塞するのを防ぐカリウムおよびマグネシウムを含んでおります。また、心臓にストレスを与えるリスクを低減します

歯と骨の強化

歯や骨を強化したくありませんか。キヌアは豊富にカルシウムを含むので、骨を強くする手助けをしてくれます。キヌアのもう一つの利点は小麦アレルギーがある方でもグルテンが全くないので、キヌアを食すことができます。

消化促進・便秘解消

キヌアには豊富な食物繊維が含まれています。食物繊維には消化を助ける効果があります。食物繊維が多いと便の量を腸内で増やし大腸を刺激する為、整腸効果が期待できます

コレステロール値が低い

キヌアはコレステロール値が低い食材です。体重や心臓にかかる負担を心配されている方は安心して食べられる食材です。

また、コレステロール増加によって引き起る胆石ですが、胆石を作り出すリスクを低減します。それは、胆石の形成の主原因である体内の過剰な胆汁の生成を減少させてくれる働きがあるからです。

癌予防

キヌアに含まれる食物繊維は結腸の調子を整え、豊富に含まれるマンガンは抗酸化作用があるので、癌を引き起こすがん細胞やその他の病気となる原因の細胞を取り除く働きがあります。

まとめ

キヌアは毒性もなく安心して食べれる食材です。グルテンフリーなので小麦アレルギーの方でも食べれるという利点もあります。安心して食べ続けられ、栄養価が高い為、体に健康的な働きを与えてくれるなんて有り難いですよね。

ではどうやって調理すればいいの?という方はこちら→キヌアのダイエットレシピ5選!正しい食べ方とは?

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA