首を後ろに倒すと痛い原因や改善法とは?この差って何ですかで紹介!

2018年1月30日に放送されたTBS系テレビ番組『この差って何ですか』では首にトラブルを抱えている人に対し、どのように動かすと痛いかで原因が異なることを紹介されていました。

後ろ、前、横に倒した時に痛い首回りは動かし方によって原因や対処療法が全然異なるといいます。

この記事では首を後ろに倒すと痛い症状の原因や改善法をご紹介していきます。

スポンサーリンク

首を後ろに倒すと痛い原因とは?

東京医科大学整形外科学分野 医長の松岡佑嗣(ゆうじ)先生によると、『首を後ろに倒した時首から肩にかけて痛いという場合の原因は首の関節が炎症を起こしている可能性が高い』と話されていました。

首は7つの骨で構成されています。この骨と骨の間を椎間関節と呼びますが、この椎間関節に炎症が起こって痛みが出ている可能性が高いです。

この炎症は、そ姿勢が悪い方によくみられる症状で頭が前に倒れがちです。

前かがみになった状態の中、前を見る為に目線を上げようとして無理に顔を上げている状態になります。

⇒この状態で首への負担がかかり椎間関節に炎症が起こります。

首を後ろに倒すと痛い場合の改善法とは?

※写真は改善法と一切関係ありません。

炎症を抑えられる方法は、顎(あご)引き訓練です。

頭が前に出て首を持ち上げている方が多いのでどうしても顎が上がってしまいます。

そこで首を正しい姿勢に矯正するためにこれを行っていきます。

顎引き訓練のやり方

  1. 顎を引きます。
  2. 軽く握った右手を顎のところにもっていき、顎を指で押してあげます。(親指と人差し指で顎をつかむような形で)
  3. その際に背中を動かないようにもう片方の手で押していきます。
  4. この状態を10秒間キープ。

この運動を朝・晩5回ずつくらい行っていきましょう。

これを毎日行っていると1ヶ月程度で姿勢が矯正されると松岡先生は話されていました。

首トラブル関連記事
スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか。日本人の多くが首の痛みに悩まされています。又、スマホやパソコンの普及によって首への負担も増加しています。この改善法はどこでも簡単に行えるないようです。また、先生によれば1ヶ月で改善がみられる場合があるということなので、試してみる価値ありそうですね。

スポンサーリンク

関連記事