キーラ・ナイトレイの身長体重スリーサイズとは?ダイエット法(食事運動)!

キーラナイトレイといえば、映画では『プライドと偏見』、『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』など人気作品に出演されるのみならず、ユニリーバ・ジャパンの「ラックス スーパーリッチ」のCMやシャネルの香水「ココ・マドモアゼル」の広告塔に起用されるなど、あらゆる場面で活躍されるイギリス出身のハリウッド女優です。

photo by Keira Knightley pastel | Pastel painting of the beautiful Ke… | Flickr

2017年には『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』にてエリザベス・スワンを演じるなど目を離せない女優さんです。

この記事ではキーラ・ナイトレイのプロフィール、そしてダイエット法(食事運動法)をご紹介します。

スポンサーリンク

キーラ・ナイトレイのプロフィール

photo by keira knightley | Guillermo Mollins | Flickr

名前:キーラ・クリスティーナ・ナイトレイ(Keira Christina Knightley)
生年月日:1985年3月26日
出身地:イングランド、ロンドン

身長:170cm
体重:54kg
スリーサイズ:81-58.5-84 cm

キーラ・ナイトレイのダイエット法【食事編】

実は食欲不振?

ナイトレイさんは食欲不振の為、通院されていたと言われています。キーラさん自身たくさんご飯を食べてセクシーなボディーを手に入れたいと思っているといいます。

医師からは運動をするのをやめて、たくさんのご飯を食べるようアドバイスされているようです。そしてSIZE12を保つことを目標に食べるように勧められているといいます。

※アメリカのSIZE12は日本では11,L,40にあたります。

水をたくさん飲む

歳を重ねるにつれて、特に産後は肌が乾燥することが多くなったのでお水をたくさん飲むようにしています。

血管の約50%が水分の為、水分を積極的に摂取することでドロドロになった血流から流れの良い血流にしてくれる為、代謝がアップします。

1日6食食べる

1日1食分を少量にして6回に分けて食事をするようにされています。食欲不振でたくさんの量を食べれない為、少量を数回に分けて食べるようにされています。

そうすることでバランスよく栄養を補うことができるといいます。

スポンサーリンク

キーラ・ナイトレイのダイエット法【運動編】

1週間に3日運動をされるようにされているキーラさん。とてもユニークな彼女は運動に関して、『好き・嫌い』がはっきりしています。

ジムの器材を使ったエクササイズは飽きる?

ジムに何度か足を運ばれたことがあるキーラさんは、周りでジムに設備されている器材を使いこなしながらエクササイズをしている人を眺めていて、とてもつまらないと感じたようです。

座りながら周りを見ていたら、キュウリのスライスの入った水を渡されて、さらにジムから遠ざかろうと思ったと話されています。

運動はパーソナルトレーナーの元行う

ジムの器材を坦々と使うのは面白くないけれど、パーソナルトレーナーの元行うエクササイズは彼女に合っていたようで、1日に1.5時間運動をするようにしています。

医師からは運動を控えるように言われていますが、好きなことはする!タイプのようです。

ヨガを酷評する

キーラさんはヨガが嫌いなようです。笑

なぜ嫌いかというと変なポーズをしなきゃいけないし、意味の分からないポーズの名前を発音しなきゃいけないし、彼女にとってヨガは面白くないもののようです。

ストレッチ

体のしなやかさを高め、魅惑的な美しさを保っていく為にストレッチをされているキーラさん。セクシーな体型を手に入れたいと願うキーラさんにとってストレッチでしなやかな美しさを作り出していたのかもしれません。

水泳

適度に筋肉をつけて、カロリーを消費していく為に水泳を導入されています。運動はドクターストップされていましたが、筋肉を適度につけてスタミナをつけることを目的とされているようです。

レジスタンストレーニング

目的の骨格筋へ抵抗 (resistance) をかけることによって行うものをレジスタンストレーニングと言われています。

筋肉増強、姿勢の改善、スタミナ増強などが期待できるトレーニング法です。

まとめ

いかがでしたか。医師からのアドバイスをそのまま聞かずとても正直に自分のやりたいことを習慣化している彼女はとてもかっこいいし魅力的ですね。彼女自身食欲不振であると筋力も自然と落ちてしまうのでバランスを摂るのが非常に難しく、健康を考えて適度な運動もされているようです。自分の体に正直になること。その時々に必要なことを取り入れていくこと。それが美の秘訣なのかもしれません。

スポンサーリンク

関連記事