抗酸化物質を多く含む果物5選!スムージーの効果的な作り方とは?

前回抗酸化物質を多く含む『野菜』5選を紹介させて頂きました。野菜だけでは物足りないという方に、『果物』5選もご用意いたしました。フルーツはそのまま食べる方が多いと思いますので、飽きない為にスムージーの作り方と共にご紹介していきます。

抗酸化物質を多く含む野菜5選【活性酸素を退治する食材】

スポンサーリンク

抗酸化物質を豊富に含む果実とは

抗酸化物質を多く含む食材を摂取することでデトックス効果があるとデットクスダイエットの記事でも書きました。もちろんダイエットだけでなく、発がん予防や生活習慣病予防にもとても良い食材なので日ごろから食べるようにすると良いでしょう。

ブルーベリー

ブルーベリーは眼精疲労回復の効果がある食材として有名ですよね。他にも糖尿病予防、発がん予防、アンチエイジング(老化予防)などの効果があります。ブルーベリーが持つ抗酸化物質の成分は、ビタミン:C ポリフェノール:アントシアニジン(ペラルゴニジン、ペオニジン、シアニジン、デルフィニジン、マルビジン)、サリチル酸、レスベラトロール、プテロスチブベン、ピセアタンノールなどです。

【ブルーベリースムージーの作り方】

sakiさんの『[ RECIPE ] blueberry smoothie // sandi works vegan ダイエット 美容 diet ブルーベリースムージー 超簡単 ミニレシピ』を参考。

こちらのスムージーはヨーグルトなどの乳製品ではなく、乳製品フリーのアーモンドミルクを使っているところが特徴的。ちなみにアーモンドミルクは美肌効果、アンチエイジング(老化予防)、脂肪燃焼促進効果があります。

イチゴ

イチゴは赤いダイヤモンドと言われ、比較的に高額な果物かもしれませんが、イチゴの甘味にハマってしまっている人は多いのではないでしょうか。おいしくて体にいいのだから、そりゃぁ買っってしまいますよね。イチゴは、眼性疲労改善、心筋梗塞予防、メタボリックシンドローム予防の効果がある食材です。イチゴが持つ抗酸化物質の成分はビタミン:C ポリフェノール:アントシアニン、エラグ酸、クェルセチン、ケンペロール、クロロゲン酸などです。

【イチゴスムージーの作り方】

前田由紀子さんの『夏のダイエットスムージー★作り方レシピ動画』を参考。

こちらのスムージーは抗酸化物質を多く含む果物盛りだくさん。ダイエット効果、美白効果もあり、何よりも近場で手に入るフルーツをカットしてミキサーで混ぜるだけというシンプルなレシピで作りやすいですよね。

バナナ

バナナは腹持ちがよくダイエット食材としても有名ですよね。バナナは動脈硬化、高血圧、悪性腫瘍、糖尿病などの生活習慣病や老化促進などたくさんの健康的な効果があります。バナナが持つ抗酸化物質の成分はβ-カロテンをはじめ、ビタミンA、ケルセチン、β‐クリプトキサンチン、ミリセチン、ビタミンC、リコペン、ビタミンE、ポリフェノール類などです。

【バナナスムージーの作り方】

junjun sさんの『ダイエットに最適 グリーンスムージー レシピ!小松菜トバナナ』を参考。

牛乳やヨーグルトではなく豆乳を使っているところもポイント。わざわざたくさんの食材を買う必要もなく、2つの食材だけで作れるところも有り難いですよね。

キウイ

キウイは高栄養密度の高いフルーツとして有名ですよね。キウイは便秘・むくみ解消、美肌効果、ホルモンバランスの改善の効果があります。キウイが持つ抗酸化物質の成分は、ビタミンE、ビタミンC、食物繊維、カリウム、ポリフェノール、アクチニジンなどです。

【キウイ スムージーの作り方】

スムージーダイエット館さんの『【スムージーダイエット館】レシピVol.1-1(グリーンリーフ・バナナ・リンゴ・キウイ)』

カットの仕方まで細かく説明されており、1人前の分量と共に作り方を説明されているので、とてもわかりやすく作りやすいスムージーです。フルーツも野菜もやはり皮の部分に栄養素が多く含まれている物が多いですね。皮ごとスムージーにしちゃいましょう。

オレンジ

オレンジは食べるだけでなく匂いにもストレス緩和効果があるとして有名な食材です。他にも便秘・むくみ解消、代謝アップ、美肌効果などの効果が期待できます。オレンジが持つ抗酸化物質の成分はビタミンP、ペクチン、ベータクリプトキサンチン、ヘスペリジン、ビタミンC、β-カロテンです。

【オレンジスムージーの作り方】

ichijikuseiyakuさんの『便秘解消レシピbyカラダの中からキレイラボ オレンジスムージー篇』を参考。

使っている食材を見るだけでも美味しいスムージーであることがわかりますよね。冷凍マンゴーをいれることで少しとろっとした触感になっているます。お腹にたまるので朝ごはんとして食べるとすっきりした朝を迎えられますよ。

スムージー作りに必要なアイテムの当サイトおすすめ

今まで捨てていた栄養素を多く含む部分果物の皮や種。VITAMIXのパワーは大きくて堅いアボカドの種やパイナップルの芯も粉砕してくれます!

またVITAMIXの中でもこのS30は600mlのTO GOカップが付属されている為、1人用のスムージーを作りその作った容器のまま持ち運びができるようなデザインになっています!

忙しい朝を送っている人にとってはありがたいデザインです。

まとめ

スムージーは食材とミキサーさえあれば作れてしまいます。三日坊主の私でも続けられました。1週間分の食材を日曜日に買い込んでおけば、後は毎日混ぜて食べるだけです。簡単ですし、おいしいので続けられそうですよね。特に外食が多い人には栄養をスムージーで補うこともできるます。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA